晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画 ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画 ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画

このブログは、『機巧少女は傷つかない』を全力で応援するブログですw   リンクフリー。コメント・TB大歓迎(TBは一部返せない可能性がありますので悪しからず。)
by run-3_kakeru
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
カテゴリ
全体
ライトノベル
既読リスト
ゲーム関連
11eyes
eden*
G線上の魔王
narcissu
Signal Heart
俺たちに翼はない
僕らと夏の宝物
ましろ色シンフォニー
メモリア
夜明け前より瑠璃色な MC
アニメ関連
ラジオ関連
QMA
雑記
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
珍事! 1位同着
from ヘルズ ダイアリー
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第一..
from ボヘミアンな京都住まい
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第0..
from ゆる本 blog
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第1..
from 空色きゃんでぃ
化物語 第四巻 / なで..
from お買得情報連絡便り
とある科学の超電磁砲 6話
from ホビーに萌える魂
とある科学の超電磁砲 第..
from のらりんクロッキー
とある科学の超電磁砲 #..
from アニメ-スキ日記
【とある科学の超電慈砲 ..
from AQUA COMPANY
とある科学の超電磁砲 第..
from 明善的な見方
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Baby Princess2
b0184957_1739484.jpgBaby Princess2
電撃文庫
著:公野櫻子 イラスト:みぶなつき

うまく言葉にできない思いに心がざわめき──

長女・海晴から0歳児・あさひまで、1歳違いで並んだ19人姉妹と同居している主人公・陽太郎。春、姉妹たちが通う木花学園に転入した彼は、四女のヒカルと同じクラスに。さっそく行われた新学期の全校身体測定で、陽太郎とヒカルは恥ずかしい“事件”に巻き込まれる……♪ 一方、陽太郎と出会って以来、なぜか心が落ち着かない六女の氷柱。もどかしさにイライラが募り、ついつい陽太郎に対してきつく当たってしまう。そんなある夜、五女の蛍が入浴中に不審者を発見して大騒ぎに。陽太郎は氷柱に駆り出されて、夜の見張りをすることになり……。



姉3人+妹15人+同級生1人……19にいる!(帯より)
今回は、19人姉妹の家族と過ごすことになった陽太郎が、そのうちの7人が通う木花学校に転入する話。
……とは、言えないか?w
最初の章くらいしか結局陽太郎の学校の話はしてないしな。
ただ、次巻からもっと増えそうな感じがして安心。

最終的に氷柱が恐れていたことになってしまったわけなんですが、それはそうだろうという話。
一緒に登校してたら普通は気になるよな。
犯人とかまだわからないけど、とりあえず氷柱が秘密にしようとしても陽太郎が偶然気付くという展開なんだろうな。
そうじゃないと話は進まないし。ベタだけど、でもそれがいいw
ということは、今回と次回は氷柱が主役か。
全然いいですけど!むしろ大歓迎ですけど!w
表紙といい、2章最後(233p)の挿絵といい、ありがとうございます!という感じw
挿絵は、蛍のサービスカットもありがとうございます!という感じでしたw
そういえば結局大橋マリアの挿絵は無かったな……。
個人的に好きです。挿絵が無い辺りが逆にいいのかもしれないw
実は挿絵無しのキャラを好きになることも多いです^^;w
……結構思わせぶり発言してますけどね。
生き別れの兄がいるとかなんとか。
それがどっちに転ぶのか、気になるところではあります。

全編に平均的に出てたのは氷柱ですが、この話のメインヒロイン的ポジションのはずのヒカルは結局1章に出てただけで、以降あまり出なかった。
一番出なかったのはおそらく吹雪。下手したらセリフすらないんじゃないだろうか……?
この辺は本当にヒロインズ多すぎでわかんないw
この人数を同時に動かすなんて私にはできないですよw

人数といえば、1巻を読んでた時は誰が誰か把握するのでいっぱいいっぱいだったなー。
今は、1巻を読んで、G'sも読んで、公式ブログの日記も読んで、ちゃんと覚えましたけど。
そういえば章間での日記は、ブログっぽくなってましたね。
ただ……この話、つい最近読んだような……?
夏休みの旅行かなんかで似たような話があったような気がします。
多少違いますけどね。
そんな感じで、基本的に毎日ブログを読んでいるので、久々に読んだという感じがしないんですよね。
まぁいいことなんですけどw

そんなこんなで、登場人物多すぎで内容に関して回収できないのが残念でなりませんw
評価はB+。
内容そのものより、キャラメインで読んでいる数少ない作品ですw



既読リスト

web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2009-09-11 18:42 | ライトノベル
<< "文学少女"... Lantis祭りとか >>