晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画 ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画 ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画

このブログは、『機巧少女は傷つかない』を全力で応援するブログですw   リンクフリー。コメント・TB大歓迎(TBは一部返せない可能性がありますので悪しからず。)
by run-3_kakeru
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
カテゴリ
全体
ライトノベル
既読リスト
ゲーム関連
11eyes
eden*
G線上の魔王
narcissu
Signal Heart
俺たちに翼はない
僕らと夏の宝物
ましろ色シンフォニー
メモリア
夜明け前より瑠璃色な MC
アニメ関連
ラジオ関連
QMA
雑記
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
珍事! 1位同着
from ヘルズ ダイアリー
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第一..
from ボヘミアンな京都住まい
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第0..
from ゆる本 blog
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第1..
from 空色きゃんでぃ
化物語 第四巻 / なで..
from お買得情報連絡便り
とある科学の超電磁砲 6話
from ホビーに萌える魂
とある科学の超電磁砲 第..
from のらりんクロッキー
とある科学の超電磁砲 #..
from アニメ-スキ日記
【とある科学の超電慈砲 ..
from AQUA COMPANY
とある科学の超電磁砲 第..
from 明善的な見方
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


神曲奏界ポリフォニカ こんふゅーじょん・ぶるう
b0184957_14283611.jpg神曲奏界ポリフォニカ こんふゅーじょん・ぶるう
GA文庫
著者:築地俊彦 イラスト:兎塚エイジ

「もっと真面目に、生きるときが来たのかもしれないな……」
 そんなクルナの呟きに、ルーファは驚愕を隠せない。……が。
「念のために訊きますけど、クルナ様の真面目ってどういうことですか」
「金だ」
「どのような手段で?」
「非合法がいい。税金払わなくていいから」

 そんなクルナ達のもとに突然現れたのは記憶喪失の精霊ケーマ。そしてなぜかクルナ逮捕という衝撃の展開!?
 さらに時を同じくしてブラウクローネ号のサルベージも開始され……って、あれ? こんなに風雲急を告げちゃっていいの!? 怒涛のぶるう第3弾!



相変わらずクルナが人でなしで、ルーファがお人好しで…。
ポリ青新刊、こんふゅーじょん・ぶるう読了です。

今回のポリ青は、上下巻らしく、大きな動きはありませんでした。
感覚的に、なんとなくそんな気はしていたのですが、まだまだわからないことだらけでもやもやします。
とりあえずクルナが犯罪者にされたり、実際犯罪者だったりと、まぁさほど変わることでもありませんw
ただ、今だに理解できない部分がいくつかあり、それがどうひも解かれていくのか、特に最後のシーンなんかは急過ぎてわからないというか。

日常パートでは、それこそ相変わらずで、ルーファは何度似たようなことを思えば気が済むのやら…^^;
前までと大きく違うところは、やはりケーマでしょうか。
新しく出てきた精霊。
クルナは神曲を全く弾かないのにも関わらず、どうしてこうも精霊と相性がいい(?)のでしょうか。
ルーファ、ハイディ、ササヤ、エステル、フレーラ、ケーマ。
神曲を弾かない神曲楽士に、これだけの精霊が寄ってくる。
クルナが過去にフレーラに聞かせた「神曲」というのが鍵なのでしょうか。
クルナの話から推測すると、「禁曲」に近いものがある気もしますが…?

ところで、ポリ青の背景には、2つの事件が軸となって動いているようです。
「聖カエルリウムの虐殺」と「ブラウクローネ号事件」。
この2つの事件に大きく関わる二人の、それぞれ過去を清算するべく走っているようにも見えます。
次のポリ青で、クルナが事件の事をふっ切ることができるのか。

まだ完結していないという部分もあり、そして多少文章がごちゃごちゃしていたので評価はB。
完結しない、上下巻の上だけでの感想って難しいですよね^^;



既読リスト

web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2009-08-13 14:47 | ライトノベル
<< 動く人 ラジオを聴いているだけ >>