人気ブログランキング |

晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画 ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画 ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画

このブログは、『機巧少女は傷つかない』を全力で応援するブログですw   リンクフリー。コメント・TB大歓迎(TBは一部返せない可能性がありますので悪しからず。)
by run-3_kakeru
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
カテゴリ
全体
ライトノベル
既読リスト
ゲーム関連
11eyes
eden*
G線上の魔王
narcissu
Signal Heart
俺たちに翼はない
僕らと夏の宝物
ましろ色シンフォニー
メモリア
夜明け前より瑠璃色な MC
アニメ関連
ラジオ関連
QMA
雑記
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
珍事! 1位同着
from ヘルズ ダイアリー
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第一..
from ボヘミアンな京都住まい
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第0..
from ゆる本 blog
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第1..
from 空色きゃんでぃ
化物語 第四巻 / なで..
from お買得情報連絡便り
とある科学の超電磁砲 6話
from ホビーに萌える魂
とある科学の超電磁砲 第..
from のらりんクロッキー
とある科学の超電磁砲 #..
from アニメ-スキ日記
【とある科学の超電慈砲 ..
from AQUA COMPANY
とある科学の超電磁砲 第..
from 明善的な見方
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


七夕ペンタゴンは恋に向かない
b0184957_4393826.gif七夕ペンタゴンは恋に向かない
ガガガ文庫(小学館)
著:壱月龍一、イラスト:轟そら

みんなのことが大好きだから――さよなら。
「7年に一度の"晴れ七夕"の日に、神様と交わした約束を守れば願い事が叶う」そんなおとぎ話のような伝承が残る星無町で、同じ7月7日に生まれ、共に育ち、七夕の日に神様の前で永遠の友情を誓った、湊、橙、伊緒、あかり、鈴。5人の"特別な関係"はしかし、突然のあかりの転校によって崩れてしまう。それから2年後の初夏。星無町に戻ってきたあかりは悲壮な決意を抱えていた。その告白から変わりゆく5人の関係――。「……昔みたいな友達には、もう戻れないの?」片想いのペンタゴンから生まれた、ひと夏のキセキ。

ネタバレ注意。



このタイプの主人公はあまり好きではないのですが、、私の評価はC-からA+までの9段階でB。
本当はB+でもいいかな、と思ったのですが、個人的には後日談みたいなのがあるものが好きなので、その後の彼らについて余り書かれていないという点でマイナスでしょうか。まぁ完全に好みの問題なのですが。

話は、神様に出会ったという秋山湊を主人公にした話。
7月7日には必ず雨-酒涙雨-が降るという星無町。
そこでは七夕に生まれるのが縁起がいいとされていて、秋坂湊、白琴音伊緒、家永橙、瑠璃島あかり、手前塚鈴は同じ年の七夕の日に生まれた"特別な関係"。
15歳の誕生日に5人で願いをかけ、そこから"特別な関係"は崩れていく。
2年後の夏、その関係が再び築かれ、そして前よりも大きく崩れていく。
お互いに仲間に話せないことを抱えた彼らの5人の関係(ペンタゴン)はどうなるのか?というもの。
今から見解を述べていきたいと思います。
ここからは完全にネタバレなので一応反転^^;

湊は主人公としての役割、神様を信じ、5人の関係を必死につなぎとめようとする役割を持っています。では、その他の人はどういう役割なのかを自分なりに解釈してみます。
まずはあかり。あかりは病気を抱えた自分、湊への想いを抱えた自分、どうしようも無いものに立ち向かい、そしてそれに抗うことは出来ないという事を現わしていると思います。また、橙も同様に、あかりの病気を知って、あかりへのどうしようもない想いを持って、そしてそれが叶わないと知ってしまいます。これも、5人の中では頼りになる、優秀な橙でも結局一人の人間でしか無い、という事を現わしているようでなりません。
次に伊緒ですが、伊緒は"特別な力"を持っていても、叶わないものはある、抗えないものはある、という事を現わしているのでしょう。そういえば、湊が彼女のそばで「かわりに泣いて」と言いますが、皮肉にもその相手は伊緒なわけで。そして彼女はその直前に「こういうときは泣いてもいいんだよ?きっと神様も許してくれる」という言葉を、大きな意味のある言葉を言っています。この時点で彼女は「泣く」という事は悪いことではない、と言っているわけです。伊緒にとって、彼女がいなくなってから湊が泣いたことは許される範囲内の「涙」だったのでしょうか?
最後に鈴ですが、他の3人とは違い、明らかに鈴は異質です。誰かにどうしようもない想いを抱えているわけではありません(もしかしたら湊にわかりにくい恋をしているのかもしれませんが、おそらく明言はされていません)。ですが、彼女は"不思議な力"はすぐそばにある、そして伊緒は特別な力をもった存在なんだ、という事を暗に示しているように思います。最初に伊緒の秘密に気づいたのもやはり彼女です。無理矢理5人の関係に踏み込んだ伊緒に執着するのは、無意識にそういう感性が働いたのではないか、と考えます。
「一人ぼっちにはならないから」と言った神様は、伊緒として彼ら「4人」の関係に入りますが、ペンタゴンは恋に向かない、というタイトルは、私にとって、伊緒がいなければ恋に向いた4人の関係が展開されていたのではないか、という疑念を抱かせてなりません。5人というのは、恋愛事となるとどうしても「余り」が出てしまう人数ですから。
最後に気になることは、伊緒として映った9年間の写真はどうなったのか、その後の4人の関係、そして伊緒がいなかった(補正された)8年間の記憶というのは結局どのようにして彼らに残ったのか、というところでしょうか。


一先ずは以上です。追記がある可能性もありますが、基本的にはこれが私の見解でしょうか。レビュー…にはなっていないかもしれません^^;というかなっていませんね…。主に好みの問題で伊緒と特に鈴にスポットをあてています。これでは…いけないんでしょうね^^;

・追記(反転)

気になること。あかりや伊緒、(もしかしたら鈴も)なぜ湊を好きになったのでしょうか?結局惹かれる要素がイマイチわかりづらい気が。それと、カラーの絵で5人が星の形をピースで作っています。それはとてもいいです。綺麗でいいんですが、何故か右手組と左手組に分かれているのが気になります。いえ、全く関係ないのでしょうが、私の見解に沿って考えると、現状を打破出来なくて悩む3人が同じ手を出しています。…関係ありませんね。リストバンドは…なんなんだろうか。リストバンドといえばマイユアしか出てこない自分を呪いたい気分です。

あ、後、表紙の女の子誰!?超気になりますwww(つーかやっぱ伊緒?)
以上。

web拍手を送る
by run-3_kakeru | 2009-05-24 07:07 | ライトノベル
<< Narcissu 3rd -D... Narcissu 3rd -D... >>