晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画 ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画 ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画

このブログは、『機巧少女は傷つかない』を全力で応援するブログですw   リンクフリー。コメント・TB大歓迎(TBは一部返せない可能性がありますので悪しからず。)
by run-3_kakeru
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
カテゴリ
全体
ライトノベル
既読リスト
ゲーム関連
11eyes
eden*
G線上の魔王
narcissu
Signal Heart
俺たちに翼はない
僕らと夏の宝物
ましろ色シンフォニー
メモリア
夜明け前より瑠璃色な MC
アニメ関連
ラジオ関連
QMA
雑記
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
珍事! 1位同着
from ヘルズ ダイアリー
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第一..
from ボヘミアンな京都住まい
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第0..
from ゆる本 blog
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第1..
from 空色きゃんでぃ
化物語 第四巻 / なで..
from お買得情報連絡便り
とある科学の超電磁砲 6話
from ホビーに萌える魂
とある科学の超電磁砲 第..
from のらりんクロッキー
とある科学の超電磁砲 #..
from アニメ-スキ日記
【とある科学の超電慈砲 ..
from AQUA COMPANY
とある科学の超電磁砲 第..
from 明善的な見方
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧
サクラダリセット  CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY
b0184957_13455080.jpgサクラダリセット CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY
角川スニーカー文庫(角川書店)
著者:河野裕、イラスト:椎名優

「リセット」その一言で、世界は三日分、死ぬ。せつない青春ファンタジー!

能力者が集う街、咲良田。記憶を保持する能力をもつ少年・浅井ケイと、「リセット」――世界を三日分、元に戻す能力を持つ少女・春埼美空は、「猫を生き返らせてほしい」という依頼を受けるのだが……。



今読み終わりました。評価だけ先に言うと、9段階でA-。素晴らしかったと思います。
マイナス点の一つは視点がどんどん入れ替わること。
神のみぞ知るセカイの時にも記述しましたが、三人称は最後まで三人称で進んでほしい、と思っています。
正確には、視点が入れ替わったり、その入れ替わった状況によって一人称になるのは構わないのですが、読んでいて一人称が三人称の中に入り込んでくる、というのが苦手です。
二つ目は、記憶を持ち込める第三者として読んでいって、自分の覚えている会話、シーンがどの位置にあったのかがわからなくなってしまう事でしょうか。
それはまぁ、仕様だから仕方ないのですが、読み進めているうちに、あれ?この会話ってどこでやったんだっけ?と思うと混乱してしまいます^^;
ですが、私的にもこの作品はヒットでした。ここ最近で一番いいかもしれません。パララバなんかも綺麗な作品でしたが、こちらの方が「オチ」が気に入っています。

内容は、最近出番の多い「記憶能力者」系の少年、浅井ケイと、物語のカギを握る「リセット」を持つ少女、春埼美空のラブシリです。絶対ラブです。とりあえずケイが今後、春埼ではなく美空と呼ぶ日が来るまで見届けたいものですね。能力者の街、咲良田で繰り広げられる能力戦。バトルではなく頭を使った能力戦です。最後は忘れていた設定に思わず唸りました。そういう意味があったのか、と。
以下ネタバレのため反転。







特に書くことが思いつかないのですが(反転させておいて始めにこんな事を書き始める私もどうかと思いますが)、とりあえずそれぞれの人物の過去が見える短編集が出てほしいです。
ケイが美空を春埼と呼ぶのはやはり「彼女」が忘れられないからだと思いますし、確かにリセットを使った上であの発言をされてしまえば殆どの人物は身動きを取れなくなる訳で。その辺りの詳細をとても待ち遠しく感じます。

こんな反転させても仕方のないことばかり書く訳にもいかないので、少しですが書いていきます。

まず、冒頭のシーンが何処に相当するのかがイマイチわかりませんでした。
「明日」というのが何処を指すのかわからなかったし、いえ、おそらくは7月15日のことなのでしょうが、全て終わった後の彼には、伝えるという役目が返ってきませんでした。確かに「彼」自身に二度目はないのかもしれませんが、それを「何時」伝えたのか、という事に疑問が残りました。
そして似たような点としては最後のシーン。
最後、とある条件を使って「リセット」を使ったわけですが、彼女は二度目にもその条件によりリセットを宣言されたはずです。ですが彼女はリセットをしなかったのでしょう。
ちゃんと文章にもあるように、能力者に使用の意思がなければ能力は発動しないわけで、つまりは美空はケイの言うことを拒否した事に繋がるのです。ケイからすれば二度目なのでなんの問題はないのですが、美空からすれば「再び」という概念はないので、一度の否定は大きなものだと思います。例え、それがその状況下において最適な選択であっても。その辺りの美空の心情が書かれていないのは納得がいきませんでした。
そして同シーンにて、村瀬陽香は「リセットをキャンセルすること」を本能的に拒絶したはずです。しかし、彼女は記憶を持ったままセーブポイントに戻り、ギブアップを宣言しました。それとも、彼の意図に気付き、そのまま記憶を持ち帰りギブアップする事を理性的に望んだのか。それはないような気がします。彼女の心は「ケイを能力で殺したこと」で埋まっているはずです。それを忘れたいと思うのは人間の本能ではないでしょうか?

そろそろ粗さがしはやめにしましょうか^^;評価しているはずの本に疑問をぶつけていくと実は面白くなかったのではないかと思えてきます…^^;

今回、最も印象に残ったセリフは
「初めから、盤上にキングがいなかった」
というセリフ。ケイにとってそれはとても大きなことで、一度破壊寸前までいったところから何もせずに去ってしまうような。このシーンについては、二巻以降も出るようですし、改めて詳細な補足があることでしょう。先程も言ったように、期待しています。
そして好きなシーンはやはり最後の「リセット」。思わず忘れかけていた設定に、その意味があったのかと思いました。出番が少ない割にいい仕事してくれます。
もう一つは髪留めのシーン。全く見ていないようで、やはり大事なところは見ていて、そしてちゃんと回収する。素晴らしいと思いますけど。多少ルール違反な気もしなくはないですが、それでも結果的に同じものが手に渡ったのならそれは彼のルールの下動いた結果なのでしょう。というか…美空可愛い!www「にゃん」とかwwwあれだけ素直に想われているのに応えないケイは酷い。という事で私の中で勝手に「彼女」のハードルが上がってます。びっくりするくらい。まぁ少し回想に登場しただけでタダ者では無いのはわかるですが(そもそもこの中にタダ者が出てくるとは思えませんが)、変なベクトルでハードルを上げました。


「時間遡行」系の話は、矛盾するように行動しても結果的にそれが過去の行動であり逆行前の状況を作る、というタイプが多いのですが、この話は全く別で。そもそもが過去をはじめから作り直そうとしているので必然、矛盾が生じるわけです。まぁ一般的な時間遡行の話も、始発点がわからない(宇宙は無から生まれたのかのような)話にならざるを得ないので、矛盾は必ず生じるものなのですが。

文章中ではなぜか否定形の言葉が多かったのですが、十分楽しかったのです。評価してます。お勧めです。ただ、やはりタイムパラドックスを扱う作品というのはどうしても難しいので、こういう結果になってしまったと思ってください。私は間違ってもそれ系の話を書きたいとは思いません。書ける自信が全くないので^^;
それでは、あまりとりあげることはできませんでしたが、これで。

web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2009-05-31 14:54 | ライトノベル
本編復活
久々にラノベを買ったので、レビューっぽいものが昨日書けました。
まぁ電撃G'sマガジン買いに行ったら売ってたので買った、という衝動買い以外の何物でもないのですが。
とりあえず後一冊積んでます。「サクラダリセット」。
基本的にはスニーカーの本はあまり好みでは物が多いので、結果的に避けていることが多いのですが、なんとなく面白そうだと感じました。
よく考えてみると私はスニーカーの本は「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズ、「時載りリンネ」シリーズ
、「バイトでウィザード」シリーズ以外読んでません。しかもハルヒは友人に勧められたものだし、リンネとバイトでは学校の図書館のものを暇な時に読んだだけです。…自己買いは初めてじゃないかw
余り好きではない理由の一つには、ページの薄さにあります。
枚数の問題ではなく、一枚一枚の厚みのこと。
頁積って言うんでしたっけ?どうも進んでる気がしないあの厚み。
電撃くらい厚ければ進んでるなーって感じがするんですが^^;

サクラダリセットに関しては、CMも結構やってたし、なんとなく楽しみです。今日中にレビュー書けたらいいけど。
いや、おそらくネタバレ満載なので、レビューではないw
まぁレビュー読んで読む本を決めるなんてのは稀なケースだと信じている私です。


「リセット」たった一言。それだけで、世界は、三日分死ぬ―――。

さて、とりあえず今日バイトなので、明日の課題終わらせたら読みます。午前中のうちに読み始めたい。


web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2009-05-31 10:55 | 雑記
神のみぞ知るセカイ 神と悪魔と天使
b0184957_2322437.gif神のみぞ知るセカイ
神と悪魔と天使
ガガガ文庫(小学館)
著:有沢まみず、原作・イラスト:若木民喜

「ボクは助けられたのか、あの、天使みたいな女の子にーーー」落とし神・桂馬が出会ったのは、桂馬が苦手とする属性をもつ不思議な女の子。その少女を攻略することになり、苦戦を強いられる桂馬の前に、もう一人の「駆け魂」の持ち主も現れて……? ギャルゲーの天才、「落とし神」と呼ばれる少年・桂馬と、地獄から派遣された可愛い悪魔・エルシィが現実の女子を攻略する『神のみぞ知るセカイ』。「週刊少年サンデー」の人気連載コミックをラブコメのスペシャリスト、有沢まみずがオリジナルストーリーでノベライズ!!


先日友人宅にてコミックを読み、面白いな、と感じたので衝動買い。
個人的にはコミックの方が好きです。
漫画よりも小説派の私ですが、理由は値段と時間の比率の問題でして。
つまりは漫画だと15分程度で一冊終わってしまうわけです。
それだとどうも損したような気分になるというか、いくらあっても物足りない、みたいな。
そして小説から漫画へとメディアミックスした際、あまりにもカットが多すぎたりしてそれが印象に残りやすい、というのがあります。
ですが、今回は逆で、漫画から小説へメディアミックスしたせいか、漫画独特のテンポがなく、どうも退屈感が大きくなってしまいました。
つまりはメディアミックスは成功しにくい、ということでしょうか。

評価は、9段階でC。漫画は良かったのですが、小説版はいまいち肌に合いませんでした。

以下ネタバレのため反転。


三人称で語っているはずなのに、所々でわずかに一人称が混ざってしまうのに慣れませんでした。()や""がある分にはまだいいのですが、たまに地の文が侵食されているような気がします。そうなってしまうのならば最初から一人称でやって欲しい。
内容の配分もあまり好きではありませんでした。桂馬side,透ルート、麻美ルートに分けると、
桂馬side:12~36(25),92~95(4),122~131(10),152~154(3),262~263(2),266~270(5)(:49)
透ルート:36~90(55),155~160(6),231~262(30)(:91)
麻美ルート:96~112(17),132~152(21),166~229(64)(:102)
透、麻美:113~119(7),162~163(2),230~231(2)(:11)
(ヒロインは初登場時がカウント開始地点です)

という風な感じになる訳ですが、これを見ると、最初は透ルートを進み、中盤は麻美ルートを攻略までだらだら進み、最後に透ルートを一気に片付けるといった感じがします。そして、「エンディングが見えた」と桂馬が言ったのが163ページ。それから解決シーンの割合が1:2というのはあまり良くないと思います。明らかに情報量が少ない透がないがしろにされている感がしました。いえ、情報量が少ないからこそ、解決シーンも少ない、ということなのかもしれませんが、不確かな情報で動きを見せるのは桂馬らしくないと思ったのです。
また、中盤で透が出てきたのはほんのわずかで、それが総合攻略に繋がるものであるというのはどういう事でしょうか。正直、それならなぜ「同時攻略」をしようとしたのか、と問いたい。これなら正直殆ど別々の攻略なのではないかと思います。
確かに、麻美ルートは透ルートが無いと迷うことはありませんが、同時攻略にしたこの場合、透ルートの攻略は不完全な気がしてなりません。桂馬の持つ透ルートに関する情報の中に、「マイナスチェック」という種は提示されていません。透のモノローグの中にはあったものの、それは一人の際にしたものであって、桂馬が絡んでいる訳ではないので、桂馬は悩みの種も知らないし、そうなると彼女の「世界」もわからない、と、不完全なのではないか、とそう思うわけです。確かに桂馬は「落とし神」ですから、そういう状況を予測できてもおかしくはないわけですが、これが例えば個別に攻略したのであれば透の種を桂馬はもう何度か接触することで得ただろうし、(まぁ小説としては没だろうとは思いますが)麻美の場合はもっと別のアプローチによって攻略することができたはずです。
「その世代」のギャルゲーをやっていないので、多数ヒロイン同時攻略、というのがこの様なものを指すのであれば、なんとなく腑に落ちないものを感じます。私の主観では、多数ヒロイン同時攻略ルートというよりは、多数ヒロインの状況を複雑に絡み合わせて悩ませ、セパレートで分析していったあげく、無理やりマルチEDにもっていくといった感じでしょうか。別に絡ませ悩ませは問題ありません。しかし、それぞれを結局セパレートで進めていくのならば、別にマルチにする必要はなかったのでは?と思うのです。せめて二度、三度、分析ゾーンが入れ替わることがあれば、私はそれでよかったのですが。
多数の状況を持って読者を混乱させるのは、推理小説なんかではよくある手なのだと思いますが、この小説内容はやはり肌に合いません。

そして結局、麻美の桂馬に対する想いというのは「恋」だったのでしょうか?おそらく漫画では今後出番が無いであろう彼女の想いは小説2巻以降が出るまで(以降出たとしても、もしかしたら一生)明らかになることはありません。


私の見解はこれで終了です。書洩らしもあるかもしれませんが、書くことはないでしょう。あまり読む気になれません。「スイート☆ライン」を買おうと思っていただけに、正直がっかりです。お陰で存分に迷うことになりました。


サブタイトル書き忘れていたため追加。どうでもいいけど天使→透でいいんですよね?
………あれ?麻美は???
web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2009-05-31 00:43 | ライトノベル
これはゾンビですか?2 そう、私は死を呼ぶもの
b0184957_20331144.jpgこれはゾンビですか? 2 そう、私は死を呼ぶもの
富士見ファンタジア文庫(富士見書房)
著者:木村心一、イラスト:こぶいち むりりん

アユムに「ヨメ」現る!? 魔装少女とネクロマンサー驚愕!

「アユム! メガロが出た、行くぞ」魔装少女ハルナに魔物狩りへ連れ出される俺。そこへセラと敵対する吸血忍者の少女が現れ、まったくの事故でキスしてしまう。その子、友紀は同じ学校の生徒で俺の嫁になるってー!?

ようやく買えました。なんか近くの店行ったら増えてたw普段あんまり再入荷とかしてないんだけどな…。
そんな訳で、(おそらく)店員さんお勧めのこの本。読了です。

今回は、ネタバレはありますが、物語上問題あるネタバレでは無いと判断したため、反転はしてません。

内容は、ぶっちゃけカオス。
戦闘シーンとか、初期設定がカオスすぎるので、私には何が起きているのか全く想像出来ませんwww
2巻にして早くもインフレが起きてます。いや、1巻冒頭から余裕でインフレしてましたがw
万人受けしないだろうこの作品。確かに一部には惹かれるものがあると思います。よく残してくれた!w
とりあえず、前篇?なのかな?このままずるずると続くはずは無いと(無口ミステリアス系スキーの)私は思ってますwwwそれにしてもユーが可愛すぎる。いやー素晴らしいねwそして最初のセラがなんかエロい。最初、誰?って思ったのは秘密です。はい。そして相変わらずハルナは他社ネタオンパレード。エロイックエイジとかエロワードエルリックとかwそして初登場で既に嫁(夫婦的な意味で)のとものr…友紀さんですが、
ドレッシングはないだろう!!www
いや、ちゃんと挿絵もあったし、わかってたけどね。それでも突っ込まなきゃいけない時ってのはあると思うんだwそれとなぜ豚骨ラーメンをチョイスしたwというか、今更なんだが巨乳設定ってセラだけだったんだね。

ア「勉強だ。来週からテストなんだよ」
ハ「テスト?なんの?」
ユ『多分 耐久力
ツボったwww

ア「ハルナ、お前確か……天才っていう設定だったよな?」
「設定」言うなwww

ア「お前、パジェロが何かわかってないだろ?」
ユ『黒人演歌歌手のこと
ジェロwww

ハ「ボタン四つくらい使わずにやろうか?」
ア「五個封印でお願いします
ちょwww

ユ『夕飯が
ハ「ユー、待ちきれなかったのか?」
ユ『待ちきれなかったのは 私じゃない』
まwさwかw
セ「やっと戻りましたか。冷めますよ?
死亡フラグですね。わかります。文字が血塗られて見えるw

セ「唐揚げです。これぞ我が必殺の一品、ブラック唐揚げ」
セ「劣化ウランメッシュでアレンジしました
「必殺」の一品ですねwww

セ「全く…材料なんて、並べるほどのものでもないでしょう。米に水に…まぁ、隠し味にモルタルを少し入れましたが―――無農薬は使ってませんし、CGも使ってません
無農薬未使用アピールとかいらねぇwww

こんな感じで、相変わらずの名言連発だった2巻。楽しかったです。生徒会とはまた別ベクトルの楽しさですね。評価は、まぁまだ完結してない(と思う)のでなんとも言えませんが、9段階でB+。3巻が待ち遠しいですが、あとがきが4月なのでまだしばらく無理でしょう。

以上です。

web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2009-05-30 21:51 | ライトノベル
赤い電車 改め Angel beats!
終電に乗ってきましたw
なんとか帰ってこれました。
調子こいて遊んでたら、終電ギリギリに。
焦りました。若干。
電車遅れるしwww

というか、終電前ってあんなに混んでるものなんですね。
いやー今まで終電は乗らなかったので初体験だったり。
出来ればこの感じは避けて通りたいものです。
まぁやはり今日が金曜、週末だから、というのはあるのでしょうが、もっとすいているものだと^^;
とりあえず昨日のフットサル疲れの影響もあり、座ったら寝そうな状況だったんで良かったと言えば良かったんですがwww終電で寝過ごすとかアホなことは避けられましたw

明日(今日)はG'sマガジンの発売日です。
Angel Beats!の公式ページも、明らかにG'sの発売を待ってます。勿論私も待ってますwww
どこまで発表があるのか、楽しみでなりません。


…そう思って今G'sの公式見たのですが、


TVアニメですとぅ!!!!!!?


b0184957_1185747.jpg

な、なんだってー!?
てっきりゲームだとばかり思ってました。びっくりです。
これは…見ないといけませんwww
正直ハードルは上げるだけ上げてる気もしますよね^^;
とにかく、早く朝にならないだろうか。買ったらすぐに読んでみますw

web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2009-05-30 01:21 | アニメ関連
けいおん!新( ?)OP
ぎ・・・ギターが2本になったぁー!!!(そっちじゃないだろ)
という事でOPに梓が参戦です。楽曲自体は変わってなかったので、またいないのか、と思ったら唯の後(前?)に出て来るギターの数が増えててあれ?と思った訳です(最初の叫びはここの事です)。よくみると梓の使っているギターなんですが、種類までは無知な私にはわかりかねます^^;
ですが、梓が出て来るのは紹介シーンを除いて演奏シーンのみ。日常では相変わらず4人のカットが映ります。これは、梓がまだ「桜高軽音部」に入りきれていないということを示しているのではないでしょうか?外野の私たちから見るとそんなことはないのでしょうが(ケーキを食べて和む、コスプレをする等々)、本人からしたらまだ輪の中に入りきれていない、という想いがあるからこそのOPシーンなのでは?とふと思いました。今後、「桜高軽音部」の日常に梓が入ってくる事になれば、おそらくそういう事なのでしょう。違ったら色々とゴメン。

肝心の本編では、梓を中心として物語が進んで行きます。新歓ライブに心打たれたからこそ、しっかりと練習しているんだろうな、と思って入って来た梓には、軽音部の独特な雰囲気に不安を覚えます。いや、普通の人が見たらそうなりますわな。軽音部の唯達からすれば、新入生の梓を楽しませてあげようとしているわけですが、梓が求めていたのはそういう事ではなく、しっかりとした演奏のために頑張って練習している姿だった訳ですね。結局耐え切れず一度は外バンを組もうとするものの、再び戻ってくる梓。その時に澪が「何故外バンを組まないのか」という問いに答えてくれます。最初に梓が聞いた時ではなく、軽音部に触れた後だからこそ意味のあるその答えは、今後も梓の心に残る事でしょう。

いやーそれにしてもあずにゃんは可愛い(笑)ネコミミとか、ネコミミとか、ネコミミとか!(笑)さわちゃん先生の最初のシーン、「ネコミミとか似合いそうね・・・」とかモノローグで言ってるのが受けました。初っ端から思考がそっちかよ!もはやまともな感性を見せないさわちゃん先生。そして家では給仕とかがいるであろう(いるよね?)紬が軽音部の給仕役。相変わらず百合スキーな彼女は、所々で幸せそうな顔をしています。唯と梓の絡みを画面左下で見ていたシーンが面白かった(笑)そういえば、今回は律の真面目モードは殆ど見られず。なんだかんだで軽音部を一番大切に想っている彼女が私は好きです。風船ガムがナチュラルに似合う人はいいと思うんだ。EDもいい。むしろEDで律派だったんですが。何話からか急激に律派が増えたとかなんとか。唯は相変わらず独特な空気を出していますねー。梓を宥めるシーンなんかは、何故抱きしめたし、とツッコミたくなります(笑)そんな唯でも、梓を引き留めようといつもよりは頑張っていたのですが、普段より
上がろうとダメな子なので(笑)今まで皆のいじり対象だった澪は、要所要所で梓のために行動を起こします。多少空気を壊してた感はありますが、そんな程度では崩れないのが軽音部(笑)そういう役も必要なのでしょう。描写はあまり無いのですが、澪も梓と同じ様に悩んだ時期があったのではないか、と思っています。
これで一通り終わったのかな?元々こんなに書く予定は無かったんですが・・・^^;内容もうろ覚えですし。
しかし、澪の答えに咲-saki-を思い出しました(笑)
大分時間も潰せたので、これで。
・・・梓やさわちゃん先生、憂とかのキャラソンも出るんだろうか?

そういえば、紬は「百合好き」な訳ですが、百合好きが嫌いな人は紬アレルギーなんだろうか。
友人が麦アレルギーってのがあるよって言ってたので、もじってみましたwww

web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2009-05-29 08:20 | アニメ関連
危なかった
今さっき起きました。今日はバイトだったので今朝戻って来て寝たらまさかの夕方。
6時からフットサルするって言ってたので、限りなくギリです。
時間が無いので今日はこれで。

web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2009-05-28 17:11 | 雑記
二千円札
b0184957_18563373.jpg

今日お金をおろしたのですが、その時に出てきました。2枚(笑)

どうしたんだ二千円札。
出て来るなんて思ってなかったので(普通は出て来るなんて思いませんが)、そのまま財布に入れてました。折れ財布。気付いたのが後からだったので、結局ピンだったのかどうかはわからず。ピンだったらもったいない事したかな・・・。

バイト先では、今でもたまにレジに二千円札や、旧札などが入っていたりします。その人たちはどう思ってそれらを使ったんでしょうか。いえ、普通に使ったんだとは思いますが^^;

それにしても懐かしいです。話によると、そのATMでは前にも二千円札が出て来た事があったらしく、今後もたまに使う予定なので、もしかすると二度ネタがあるかもしれません。
・・・本当に出て来たらどうしよう。なんか使いづらくないですか?(笑)
なんかネタとして出せる時に出したいと思います。皆で飯食いに行った時の集合会計(?)とか。全部千円札で一枚だけ二千円札を混ぜて店員さん困らせたり?・・・困るのかな?

web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2009-05-27 18:56 | 雑記
財布が壊れた
というお話。
お話で、何故かリトバスの「お離しっ!」を思い出しました。じゅべし!
壊れたのは小銭を入れる箇所なので、とりあえず小銭を別の財布に入れて今日は凌ぎます。カード類が邪魔なんですよ・・・主にコナミのアミュパで。あれって妙な厚さありますしね。

そういえばリトバスといえば、私はNa-Gaさん派です。メインは大体Na-Gaさんが書いてますよね。理樹、鈴、謙吾、真人、恭介、沙耶、佐々美、美魚辺りはNa-Gaさんでしょうか?古式さんもでしたっけ?実は美魚が絵としては一番好きです。シナリオまで合わせると沙耶ですが。リプレイ20(30?)の諭吉くれ!は完全に不意打ち(笑)正直堪えられなかった(笑)沙耶自体中の人そのままな感じがします。噛み様。何回も取り直ししたんだろうな・・・^^;
そしておそらく、リトバスCEでは(特に)沙耶ルートの加筆修正がされる事でしょう。まぁ買いますよね。完全に釣られてますが(笑)家庭用ゲーム機はプレステしかありませんが(爆)

借りるか乗り込むかして攻略を目差します。智代アフターもこんな感じだったんですかね?CLANNADは、AS8巻で遂に杏編です。何処から何処までがカットなのかが気になります。正直杏との恋愛は殆どありませんからね。原作通り進むのか、オリジナル気味に行くのか、そしてアニメでは出番カットされた勝平の出番はあるのか!?AS23話の「一年前の出来事」では杏が朋也に一番早く惚れているシーンが出てきました。あれは公式ノベルの「光見守る坂道で」3話のアレンジ(ちなみに渚のタライは1話です)なのですが、その絵を描いているのはごとPさんなんです。ごとPさんはナルキ2の絵師さんですね。やっぱりごとPさんの絵がいい!私はナルキ3もごとPさんに描いて欲しかったです。

めちゃくちゃ、いやもうくちゃk(ry脱線した所で今回は終了。そろそろ乗り換えですので。というか、タイトル財布にする必要無かったんじゃ・・・いや、諭吉の伏線だった事にしておきましょう。そういえばナツブラのラジオCDの特別編(スーパーナツメブラザーズ?)聞いてないな・・・。S音様がグリリバに弄られるんだろうか。


web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2009-05-27 08:28 | 雑記
QMAる
昨日、久しぶりにQMAをやりました。
惨敗です。
久々だったので、全国大会がある事を昨日知った訳ですが・・・、初戦15位、次戦14位と、酷すぎる結果に終わりました。
特にタイピングが酷かった・・・。問題がわかるどうこうという以前に、タイポ連発。3週間もやってないとタイプ離れが酷いということに気付きました。1クレでもいいからせめて週1はやっておこう・・・。
一応、3回目には準決勝1位通過の、決勝4位(3位だったかも)までいけましたのが、唯一の救いでしょうか。それがなかったら相当落ち込んでいたことでしょう。まぁ4回目はやっぱり酷かったんですが。

後で使用カード名を上げます。
短いですが、とりあえずはこれで。


さて、ようやくPCを立ち上げたので、追記ですがここでもう一度更新です。

まずは使用カードです。
メイン ファン@タイガ MP John(ネタ性が皆無のため5で終了)
サブ1  みなせなゆき@ユリ MP けろぴー  コメント(?)は「153D足りない」とかだったはず。
サブ2  Mざわゆきね@クララ MP コーヒー 友人にあげた気がします。
サブ3  さかざきかほ@マラリヤ MP もりした  コメントは「森↓のタライの魔法!」だったと思います。
サブ4  あかばちづる@マラリヤ MP 無  多分コメントも初期のままです。

今一番使っているのはサブ3ですね。前(QMA5時)はサブ1だったのですが、やっぱりタイムリーな方がいいですよね、という事で坂崎嘉穂さんです。よくわかる現代魔法です。いやーよくよく考えるとタライとかぴったりですねw
6に移行してから完全にQMA率が下がったので、賢者カードはありません。今はとりあえず、
サブ1 初級魔道士7級
サブ3 魔道士6級
サブ4 中級魔道士4級(5月26日現在)
です。まずはサブ3をゆっくりと賢者にしたいと思います。一人で黙々とやっていても面白くないと思っているので、友人と遊んだ時にたくさんやっていかないと全然到達しませんね^^;賢者になったらとりあえずはライフスタイル(ホビー)でも回収しようかな・・・。ちなみにサブ1は、QMA5のミステリ検で39位くらいだったんじゃないでしょうか?すでにほとんど忘れてますがwww

そんなわけで、カテゴリーにQMA追加。やった時に結果報告と、あったらボケ回答なんかもちょこちょこ載せていきたいと思います。ついでだったので、TOP画を変えました。まぁ個人らしい、ということで。
以上です。

web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2009-05-26 21:15 | QMA