晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画 ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画 ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画

このブログは、『機巧少女は傷つかない』を全力で応援するブログですw   リンクフリー。コメント・TB大歓迎(TBは一部返せない可能性がありますので悪しからず。)
by run-3_kakeru
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
カテゴリ
全体
ライトノベル
既読リスト
ゲーム関連
11eyes
eden*
G線上の魔王
narcissu
Signal Heart
俺たちに翼はない
僕らと夏の宝物
ましろ色シンフォニー
メモリア
夜明け前より瑠璃色な MC
アニメ関連
ラジオ関連
QMA
雑記
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
珍事! 1位同着
from ヘルズ ダイアリー
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第一..
from ボヘミアンな京都住まい
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第0..
from ゆる本 blog
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第1..
from 空色きゃんでぃ
化物語 第四巻 / なで..
from お買得情報連絡便り
とある科学の超電磁砲 6話
from ホビーに萌える魂
とある科学の超電磁砲 第..
from のらりんクロッキー
とある科学の超電磁砲 #..
from アニメ-スキ日記
【とある科学の超電慈砲 ..
from AQUA COMPANY
とある科学の超電磁砲 第..
from 明善的な見方
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ライトノベル( 74 )
夜々時計マジktkr!……が
夜々時計来たぜ!!
詳しくは機巧少女は傷つかないの作者、海冬レイジさんのブログに書いてありますが、夜々の時計がブログパーツとして配布されました。


なんで実装してないかって話ですよね。
……エキサイトブログはscript使えないんですよ!
いやわかんないです。頑張ればもしかしたら使えるのかもしれないけど、どうしたらいいのかわかりません。

仕方ないので自分で楽しむ用にガジェットを作りましたw
夜々はブログではなく、私のPCに嫁入りしてくれましたwww
せっかくなのでクリックしまくってます。
気になるセリフもちらほら。


『夜々のおしゃべり 現在、121種類です』
マジ?そんなあんの?wというようなものとか。

『夜々が好きですか? 夜々も大好きです!』(それとも、女狐が…?のパターンあり)
勿論大好きです!

『夜々かわいいよ夜々 だから買ってください』
勿論買います買ってますw

『今夜は一晩中 おまじないをします』
耳元で、夜々かわいいよ夜々。世界一かわいいよ。(ryって言い続けるんですね!もっと言って!(ぁ


日付を変えて試したところ、曜日によって出るセリフもある程度決まっているような感じでした。
まぁおそらく毎日出るものもあると思いますが。
夜々かわいいよ夜々とかは毎日出そう。


ブログパーツとしては活用してませんが、せっかくなので画像だけ貼ろうかな……と思いますw


b0184957_15262234.jpgb0184957_15264233.jpgb0184957_1528047.jpg


web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2010-08-21 15:28 | ライトノベル
機巧少女ドラマCD化
そろそろ来ると思いました!



機巧少女は傷つかないドラマCD化決定!!



1巻→イメージCD
2巻→漫画化
3巻→ドラマCD化
ということは4巻でアニメ化ですか。完璧ですね!
アニメ化したら……ゲーム化?w
もしそうなるとしたら、禁書のゲームみたいな感じになりそうw

まぁそんなことはともかく、マジでうれしいです。
勢いが凄いですが、このまま頑張ってほしい。

夜々かわいいよ夜々。世界一かわいいよ。
でもフレイも可愛い。アンリもかわいい。
シャルよりはアンリ派。
シスコンのロキもかわいいよw
3巻は布団をてしてしやってるデフォルメ夜々が一番かわいかった。



web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2010-07-26 14:46 | ライトノベル
電撃系
今日は10日なので、電撃文庫の新作を買いに行ったわけです。
そしたらなんと……。



ヘヴィーオブジェクト(帯)→禁書2期決定!


ロウきゅーぶコミック化決定!


というような文字が!
やったね!
禁書2期は、確実におしぼりが出てくるはず……!
五和さんマジおしぼりとか言われる日も近い!
これで秋(?)まで生きていける……!


ロウきゅーぶはそろそろメディア化あるころだろうなとは思ってましたw
楽しみなのには違いないですけどw
ただ、てぃんくる絵で買ってる人はどうなんだろうとは思うんですよね。
作画はG'sでななついろドロップスやひめナビの漫画を描いていた、たかみ裕紀さん。
ということは掲載紙はG'sなんでしょうか?
またG'sを買うことになるのか……w


新刊は他に3冊程購入。
同じく漫画化の電波女と青春男は今まで読んでないので買ってないですが。
ストックが順調に貯まっていきますw



web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2010-06-10 19:38 | ライトノベル
買い物
昨日は、一昨日の完徹の影響で、昼間機能停止していたので今日ようやく本屋に行きました。
電撃の新刊を4冊購入。

・メグとセロンⅤ
・とある魔術の禁書目録(20)
・付喪堂骨董店7
・花×華

の4冊。
『恋敵はお嬢様☆』も買おうかと思ったんですが、金欠のため妥協。
マリロワは売り切れでした。多分。
近くにラノベを売ってる店が他にないからか、妙に競争率高かったりするんですよね……。
まぁ確かに、元々の入荷数が大したことないというのもあるのかもしれませんが。
一昨日行った時は売ってなかったし、昨日店頭に並んで今日買えないのは辛いんですよね。
特に電撃は10日発売って書いてはあるけどその前に売りだしたりするし。毎日行けるわけでもなし。
まぁそんな愚痴はどうでもいいですねはい。

今月も金が無いので、実は富士見の発売日である20日を迎えるのが怖いです。
今月の購入予定は、スノウピー、D×D、ヘヴンズ・ダイアリー、生徒会、ドラマガなので、今の私には中々辛い状態。
……もう外では金を使わないようにして暮らしたいと思います。


ということで、今日は久々にラノベをガッツリ読むことにします。
ていうか朝から何冊か読んだわけですが。
具体的にはRIGHT×RIGHTの7、8とメグセロ5巻。
メグセロは元々、売ってるとは思わなかったので買って即読みましたw
「正式本名がとてつもなく長い女子生徒」が地味にツボでしたw
リリアーヌ・アイカシア・コラソン・ウィッティングトン・シュルツのことですか。
いやまぁ、結局本編で名前出しちゃってるし、ならわざわざそんな書き方しなくてもと思った訳ですが。

ではこれから花×華を読んで、禁書を読んで、確か最終巻のはずの付喪堂骨董店でも読もうと思います。
……あれ?
全部今日で読んじゃうのか……?



web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2010-03-11 14:33 | ライトノベル
バカとテストと召喚獣7
b0184957_9451673.jpgバカとテストと召喚獣7
ファミ通文庫
著:井上堅二 イラスト:葉賀ユイ

嵐を呼ぶ召喚野球プレイボール!? TVアニメも2010年1月放送開始!!
これまで数々の恥辱(←自業自得)に耐えてきた明久とFクラスの面々。しかし、そんな彼らも遂に爆発!? 新学期早々の抜き打ち持ち物検査で聖典(エロ本)を没収され復讐に燃える修羅たちは、体育祭の一競技、生徒VS教師交流野球で教師陣に直接恨みを晴らさんと誓うのだが……。なんと競技は戦友(エロ本)を賭けた召喚獣野球に発展! パトス溢れる球宴の果てに明久たちを待つのは勝利か敗北か? 「このままだったらお前も死ぬぞ!」(by獲物先輩)熱闘激闘剛速球で贈る第7巻!


昨日、本屋に寄ってみたら、もう既にファミ通文庫の本が出ていたので買ってきました。
他の本を差し置いて最初にバカテスを読んでしまうのは、やはり旬だからでしょうか。
そんなわけで、バカテス最新刊の感想。


もう何度も触れているというのに、未だにババァネタで笑ってしまうのは何故だろうか……。
というか、よくもまぁこんなにババァだけで出てくるなーと思いますw
他の部分も、いつも通りバカなことをやってて、ちゃんと面白い。
地味だけど、着物先輩のくだりがツボです。
まぁ、本当に地味なところなんですけどねw

それにしても瑞希は……w
なんて恐ろしい子!
今回こそ味方の被害が少なかったものの、様々な面で爆弾少女ですね。
勿論これからも変な方向へと突き進んでくれることでしょう。

惜しむべくは、「体育」祭だというのに、工藤愛子が出てこなかったことでしょうか。
バカテストには出てきたものの、Aクラスの出番が無かったかから、名前程度しか出てきませんでしたね。
それでも久保君は出てきましたがw
Aクラスといえば、翔子にもっと出てほしかったけれど、次回は雄二と翔子の話になりそうな感じなので、楽しみにしてようと思います。
まぁ次はまた短編集らしいので、次々回の話でしょうが。

それにしても……なんであとがきがいつもあんなネタにあふれているんだろうか……w
今回は美少女が墓穴を掘ったっぽいですけど、これからもあとがきで笑いを提供してくれることでしょうw



既読リスト

web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2009-12-26 10:08 | ライトノベル
生徒会の七光
b0184957_3384925.jpg生徒会の七光 碧陽学園生徒会議事録7
富士見ファンタジア文庫
著:葵せきな イラスト:狗神煌

 ようこそ、私立碧陽学園生徒会室へ!美少女役員四人+おまけ一人、生徒諸君のため、今日も汗水流して駄弁っております!!
 今回、ひとりの少女が己のこれまでの行いを悔い、宣言した。
「ここは俺のハーレムでは、ありません」
 ―衝撃だった。
 季節はうつろい、刻一刻と迫ってくる「その時」。だけど俺達は、私達は、現実から目を逸らしちゃいけないんだ。
 そして、少年…杉崎鍵は、ハーレム放棄宣言のみならず、さらに告げるのだった。「残響死滅…」と。
 気になるあの人やその人も登場して、ついに物語は動くか―。



久々……えぇ、久々です。
前回がいつだったかなんて気にしてはいけません。
一か月前だったなんて気にしてはいけません。
まぁ私としては、その間も何冊か本は読んでるので久々に読んだという感じはしなかったのですが、こうやって書き始めると、久々だったんだな、という気持ちになります。
だって、いつもどう書いてたか、若干忘れてましたから。
以下感想。


相変わらず安定して面白いなー。
ベクトルも若干変えてきてたりして、まだまだいけるな、と思いました。
そして楽しみだったラジオ回も、ちゃんと面白くて、やっぱラジオ回、一番好きです。
中身という程の中身は相変わらず無いんですけど、事前情報通り、この巻では若干話が動いてたり。
前巻で僅かながらに登場した鍵の義妹・杉崎林檎と、幼馴染・松原飛鳥。
随分前から、名前だけは出ていたものの、今巻ようやくビジュアルが明らかに。
生徒会メンバーとは違うベクトルで飛んでる感じがいいです。
まぁ本編中で、キャラが被ってるとかいう話が出てましたが、案外そうでもないような。
二人とも、好きなタイプのキャラです。
まぁ、林檎に関しては、若干飛鳥のせいだったりしますが^^;w


今回好きだったのは、(勿論)ラジオ回の3話と、林檎の出てきた最終話。
ラジオは、相変わらず面白いし、「定められた一言」の汎用性には吹いたw
最終話は、やっぱり林檎が面白かった。
このシリーズにはこの手の、鍵に積極的にアタックしてくるタイプのキャラはいなかったから、新鮮です。
まぁ……何故かラジオ回にはいたりするんですけどw
ん?巡も積極的にアタックしてるといえばそうなんでしょうか?生徒会メンバーとは絡んでないですけど。
この5話で、めちゃめちゃ気になったセリフがあります。
真儀瑠先生のセリフなんですけど。

「おぉ、巫女娘か?今こっちにいるんだろ?じゃあ、ちょっと焼き肉食べにこないか?」

……。
ちょっ!後日談!つーか焼き肉の話書いてくれええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!



既読リスト

web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2009-12-20 04:04 | ライトノベル
テツワンレイダー1
b0184957_2222952.jpgテツワンレイダー1
富士見ファンタジア文庫
著:大楽絢太 イラスト:桜沢いづみ

傭兵の国ログレス。「黒のオーロラ」によって、外界と断絶されたつまらない国に、ひきこもりでやさぐれた俺がいる。
俺の名はグレン・ユーク。ある日、俺は訪れたバザーで“ネコ耳メイドロリ美少女フィギュア”を手にする。驚くことに美少女人形は武器にかたちを変え、おまけに人形屋のオッサンとのバトルが勃発。辛くも逃げ出した俺に、その人形“剣精”は自らディアと名乗り、さらに続けた。「外の世界を見てみませんか?」と。
その日から俺とディアの、外の世界に出る権利“至高の四本”をめざす“剣精試練”がはじまった!なりゆきでロー→ハイテンション・バトルファンタジー、満を持して登場。



ようやく発売されましたね、新作。
とは言っても前作を読んでいないんですがw


内容は、ぶっちゃけひきこもりが世界を救う話、だそうですw
富士見のHPにそう書いてあったからそれでいいと思いますw
試し読みなんかも出来るから、それでいいと思います。
いやーこれまでにない適当さですけど、未だにつかめてないからなんとも言えない現状なんですよね。

なんというか、面白そう、というところで話が終わってしまった感じ。
文量が少ない。流石に250pはあっさりだったなーと思いました。
そして今回の話、もう少し引き伸ばしても良かったんじゃないかなーなんて思ったんですよね。
まぁ、確かに途中退場ってのは辛いからわかるといえばわかるんですが。
それでも展開が速い気がしまして。
曰く、長期的なスパンで大きく物語を組み立てている、ということなので、1巻で見切る作品ではなさそう。
つまり、1巻はどちらかというと「全体のプロローグ」でしかないという話なのでしょう。
武器屋と比べて、とも言ってるので最低10冊以上?w
まぁそれは結果の話なので中身ではないですけど。

評価はB+。
とにかく、これからが楽しみという理由で。
2巻以降、どんどん発売されてくれることを願います。
それで焼き鳥先生の生活も少しはまともになってくれますようにw



既読リスト

web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2009-11-21 22:19 | ライトノベル
神曲奏界ポリフォニカ アドヴェント・ブラック
b0184957_12593033.jpg神曲奏界ポリフォニカ アドヴェント・ブラック
GA文庫
著:大迫純一 イラスト:BUNBUN

「マチヤ・マティアさんの演奏は、神曲ではない」

 マトリ監査官によって告げられた衝撃の一言。動揺するマナガとマティアだったが、そこに時を同じくして奇妙な連続傷害事件が発生した。
 被害者の傷は、いずれも幅7センチ、深さ約10センチ。胸を刺されていたが重要な血管や臓器はきれいに避けられており、殺意は見えない。ではいったい誰が、何のために!?

 捜査を進めるうち、浮かび上がってきたのは新帝都航空二三一便墜落事故。事件との関係が隠された真実を暴き出し、全ての罪が明らかになるとき、銀色のブルースハープが鳴り響く!!

 黒のポリフォニカ、驚愕の第13弾!



読み終わりましたー。
いやー良かった……。
いくつか先の情報を与えられているからこそ邪推してしまいましたが、その必要はなかったかも。

内容は、ポリ黒最大の山場で、これまで明かされなかった「マナガの罪」の話。
そしてそこからわかる色々な秘密。
13巻もの間続いただけあって、その中にいくつもヒントはあったし、他のシリーズからの助けもあって推測できる範囲内ではあったけど、それでも一番しっくりくる形だったんじゃないでしょうか。
何よりシェリカ。
あとがきにもあるようにシェリカがいないということもあったはずで。
でもシェリカには大きな役割があって。
もし本当にシェリカがいなかったらどうなっていたんだろう、と思います。
そんな話は嫌だし、そもそもそんなことを話していても仕方が無いのですが、それでもシェリカがいてくれて本当に良かったと思います。

シェリカといえば、この話の最後で、おまけプロローグ的にレオンシリーズ(ポリ金ではない)4巻の前日談が書かれていて、そこでセヴンことセヴニエーラとの出会いを果たしました。
ここからレオン4に向かってシェリカは走り出し、ポリ金(レザレクターではない)で遂に主役デビュー(?)するわけですが、その直前がこのブラック最後(ではないけど)の話だったというのが凄い気がしました。
シェリカにとっての契機がここだったのだろうし、そしてもっと遡ればマティア・マナガとの出会いだったのだろうし。
つまり、ここでようやくシェリカ単独としての話が始まるわけなんですよね。
マティアやマナガと関わりの無い(多少あるけど)話。
レオン4、読み返さなきゃかな、と思いました。

ここで終着点へ到着したブラックシリーズですが、物語はまだ続くそうで。
曰く「もっともっと先まで歩いて行くよ!」だそうで。
確かにここで終わらせても良かったけど、やっぱり続いて欲しい、というのはあって。
物語の構成上ここで終わるのが一番いいんだろうけど、やっぱりもっともっと読みたい。
難しいですね^^;

評価はA。
少し残念だったのが、マティアの挿絵。
左目……。
あ、そういえば一応読み終わったのって昨日だったんですが、昨日wiki見たらもう更新されてましたw



既読リスト

web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2009-11-15 13:26 | ライトノベル
とある魔術の禁書目録 19巻

b0184957_1244363.jpgとある魔術の禁書目録インデックス(19)
電撃文庫
著:鎌池和馬 イラスト:灰村キヨタカ

学園都市の暗部で起きる事件を処理する『グループ』。最強の超能力者(レベル5)・一方通行(アクセラレータ)、魔術師でもあり能力者でもある土御門元春らで構成されたそのチームは、謎のキーワード『ドラゴン』について探っていた。それが、いまの“クソったれ”な現状を打破する唯一の手がかりであると信じて。
 一方、上層部に無断で行っていたその活動を煩わしく思う者がいた。その人物は、学園都市で最高の権力を持つ統括理事会メンバーの一人。彼の強大な勢力が、『グループ』に牙をむく。
 同じ時。元『アイテム』構成員の浜面と絹旗は、滝壺の見舞いにやってきていた。そこで突然巻き起こる、浜面の「バニーガール超好き疑惑」。どん引きする絹旗と滝壺を他所に、浜面は決死の釈明をするが……!? (15)巻、SSシリーズに続き描かれる、『学園都市の暗部』編登場!



いや、面白い。
本編とは違う、裏サイドの話はやっぱり面白い。
15巻で登場したキャラが本編に再登場して、もう何が何だかわからんくなってますがw
この巻はいろんな意味で衝撃だったな……。

内容は、簡単に言えば学園都市第1位の一方通行アクセラレータや、正真正銘のレベル0である浜面仕上の物語。
彼らの抱える問題が多方面から攻撃され、それに立ち向かう。
何度も場面転換するので辟易しましたが、それはそれでいいんじゃないかと思います。
決着がついたと思わせたところで場面を変え、戻ってきたときには逆転している、というのがある種パターンではあるものの、その数が1度や2度のレベルではないので良し。
まさかの再登場に驚き……は意外としなかったものの、これだけされると他のキャラがまたどこかで出てくるんじゃないかと思ってしまうから怖いですw

20巻へのフラグが立った19巻。
とうとう「ヒーロー」3人が一か所に集まるそうで。
ということは3巻以降ニアミス続きだった上条さんと一方通行アクセラレータの共闘もあり得る訳で。
でもここまでしてしまったら後数巻で終わりか?とか思ってしまうものなんですけどね。
…………それでも終わらないのが禁書クオリティwww
まぁ、続編、期待して待ってましょうw

そんな訳で裏サイドの熱い熱い話の評価はA。
やっぱりこっちは凄かった。
上条さんじゃあ出来ないことが出来るだけ、マンネリ化的なものが無い。
確かに文章は同じだからそういう部分は仕方ないんですが。
浜面もメインヒロインを獲得し、ヤンデレフラグも立ったのでもっともっと頑張って欲しいですw



既読リスト

web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2009-11-10 02:18 | ライトノベル
あずけて!時間銀行 ご利用は計画的に
b0184957_10301019.jpgあずけて!時間銀行 ご利用は計画的に
角川スニーカー文庫
著:いとうのぶき イラスト:Tiv

時間を自由に増やしたり、預けたりできたら……。――“時間銀行”ならば、そんな夢を叶えます!
祝!新規開店“時間銀行”オープン!
あなたの時間増やします!

「あなたの時間を預かりにきましたよ!」誰もが平等にもっている時間、もしもそれを貸し借りすることが出来たなら。時間銀行はそんな夢を叶えます!ただしご利用は計画的に……。グータラ駄目人間の往時洋斗は、時間銀行の口座に残時間が1年分しかなく、時間を稼がないと1年後には死んでしまうことが判明! その日から、黒ずくめの美少女シーヌと、喋る手袋のムクロとともに、ぎりぎりのちくたくバイト生活が始まる!



どんどんストックが無くなっていきます。
というか後1冊しかありませんw
Googleで「あずけて」と入力したら候補に出てきました。新しいのに。

時間を貸し借りできる銀行、時間銀行。
その顧客となった往時洋人。シスコン。
最後の書き下ろしを抜きにして考えると、最初から最後まで妹好きで終わってる気がw
敢えて1話→2話→0話としたことでそれも強調されてたりして。
まぁ私もそういう過去話は好きなんでいいんですが。

それにしても……名前が酷いなw
「シーヌ・ポックル」とか「クッタ・バットレィ」とか「オムカ・エキータ」とか。
そう考えると、「ムクロ」「ナキガラ」も骸と亡骸で、他の手袋とかどうすんだろうか。
とりあえずムクロはアホすぎるw
何度も自爆してる様が面白いw
でも、ナキガラもあんな感じになるんだろうかw

評価はB+。
まぁなんだかんだと理由をつけて時間を使わせて上手くシリーズにすることが出来そうな感じ。
シリーズ物とするとリコレクト回収でマイナスになるのはもう少し後でも良かった気もしましたが。
陽奈が思い出す日は来るのか?



既読リスト

web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2009-11-05 10:58 | ライトノベル