晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画 ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画 ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画

このブログは、『機巧少女は傷つかない』を全力で応援するブログですw   リンクフリー。コメント・TB大歓迎(TBは一部返せない可能性がありますので悪しからず。)
by run-3_kakeru
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
カテゴリ
全体
ライトノベル
既読リスト
ゲーム関連
11eyes
eden*
G線上の魔王
narcissu
Signal Heart
俺たちに翼はない
僕らと夏の宝物
ましろ色シンフォニー
メモリア
夜明け前より瑠璃色な MC
アニメ関連
ラジオ関連
QMA
雑記
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
珍事! 1位同着
from ヘルズ ダイアリー
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第一..
from ボヘミアンな京都住まい
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第0..
from ゆる本 blog
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第1..
from 空色きゃんでぃ
化物語 第四巻 / なで..
from お買得情報連絡便り
とある科学の超電磁砲 6話
from ホビーに萌える魂
とある科学の超電磁砲 第..
from のらりんクロッキー
とある科学の超電磁砲 #..
from アニメ-スキ日記
【とある科学の超電慈砲 ..
from AQUA COMPANY
とある科学の超電磁砲 第..
from 明善的な見方
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:11eyes( 1 )
11eyes -罪と罰と贖いの少女- 感想
先程終わりました。
ぶっちゃけ今朝寝る、とか言ったあと、寝てません。
まぁその間ずっとやっていた訳ではないんですが、午前中は殆どゲームを進め、午後は出かけて本やその他必需品などの買い出しに出かけてました。
…久々の外出は疲れますね。
というか、色々と物を買ったせいで金が…orz
来月もやっぱり辛い感じになりそうです…。

閑話休題。

総プレイ時間はおそらく18時間程度でしょうか。
まぁ20時間手前くらいだと思ってくれればいいです。
全体を通す必要のある初回プレイこそかなりの時間がかかるものの、個別ルートはかなりあっさりしたものになっています。
もはや個別とか手抜きとしか思えないレベルでしたw

内容に関しては、なんというか、ベタな感じを進んでいった印象があります。
このタイプのシナリオは途中で予想がついたし、そこからの逆転劇的なものもなく、不発で終わった感じ。
というか、シナリオの一部は自分で一次創作に使おうかとか考えていたくらいです。
…没。

G線の時みたいに各ヒロインを取り上げていくのは無駄な作業でしか無いので、省きます。
戦闘シーンが書けない私にとっては、結構緊迫感のあるものだったのですが、あまりにも人間離れした設定すぎて辛かったです。
知識面的なものはよく調べてあるな、と思いました。
正直殆どわからなかったのですが、「とある魔術の禁書目録」に名前が出てくるのもいくつかあったりして、全部が全部わからなかったわけではない、という感じ。
むしろ、殆どわからなかったからこそ、よく調べてあるんじゃないだろうかとしか思えない現状w
中でも、陰陽師的なものはさらにわかりませんでした。呪文とか。
ただ、私の中には陰陽道というと、高田嵩史さんの「QED」的な解釈が結構大きいので、実感がわかなかったり。

そしていくつか疑問に残った点があり、それがいまいちはっきりしなかったのも残念でなりません。
後は、やっぱり死にすぎ、でしょうかw
死ぬシーンを回収しないとクロスビジョンが埋まらないって…。
クロスビジョンといえば、あれは中々よかったです。
最近ではこのような主人公でない他者視点でストーリー補完をすることが増えていますが、その時その時のタイミングだったりで本編とは別に動いている、という形が非常に好きでした。
つまり、本編は主人公目線で統一されていて、他者視点は別枠にあるというような。
そしてあれだけサイドストーリーを作れれば、話もわかりやすくなるんじゃないかと。
やっぱり、一人視点だけだとどうにも限界というのがありますしね。
ただそれもシナリオを読み切る一因にはなってしまうんですが^^;

BGMですが、私が好きだったのは日常パートの「気分はハイ・ファイ!」と「単独妄想夢芝居」。
そしてシリアスパートの「Valgar Souls From Hell」と「Rapid heart」です。
特にちゃんとした理由なんてありませんw

声優さんですが、どのキャラもよかったんじゃないかと。
個人的にはもっと温森さんに活躍してもらいたいところでしたが、まぁあれじゃあしょうがないw
安玖深音さんは元々私的に鉄板ですし、はるかさんは戦闘時と枯れ声が凄かった。
そういえばけいおん!でも枯れ声の演技がありましたけど、声優さんってそういうことが普通にできるものなんですかね?
みるさんはやはり元気系が合ってますね。「あは☆」とか。
…風音様がやったら凄いことになりそうですね…w
そして、アンダルシアさん。
いやー適役でしたw
最後まで聞いてると他が思いつかないwww
やっぱり井村屋ほのかさん、私は好きです。
この手のキャラが自分の創作物とかに出てきたら、無条件であてはめることにしますw
つーか栞ルート、作るべきだったんじゃないでしょうか…?w

他にあったことといえば、作品のパロでしょうか。
部室なんてパロの巣窟のような場所で、私がわかるのも多々あるくらいのレベル。
会話中にも多くのパロが出てきて、…大丈夫か?と思わせるくらいのw

うーん…だんだんと本編から遠ざかっているのでまとめに入ります。
全体評価としてはBくらい。
やはり個人的にはもう1転、2転くらい欲しかったなーって思います。
簡単な話、え?これで終わりなの?みたいな印象しか抱けませんでした。
戦闘シーンは凄く良かったと思うのですが、やっぱり自分の読みの先までいってくれないと、まぁそうだよね。みたいな感じで終わってしまいます。
というか、戦闘シーンはもうおなかいっぱいですよ…。
まるで戦闘メインの禁書を読んでた気分。

…眠い。
手抜きでごめん。でも眠い…。



web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2009-08-25 19:41 | 11eyes