晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 晴れときどきお天気雨2011年発売予定! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画 ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画 ASa Project 『アッチむいて恋』 応援バナー企画

このブログは、『機巧少女は傷つかない』を全力で応援するブログですw   リンクフリー。コメント・TB大歓迎(TBは一部返せない可能性がありますので悪しからず。)
by run-3_kakeru
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
カテゴリ
全体
ライトノベル
既読リスト
ゲーム関連
11eyes
eden*
G線上の魔王
narcissu
Signal Heart
俺たちに翼はない
僕らと夏の宝物
ましろ色シンフォニー
メモリア
夜明け前より瑠璃色な MC
アニメ関連
ラジオ関連
QMA
雑記
未分類
以前の記事
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
珍事! 1位同着
from ヘルズ ダイアリー
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第一..
from ボヘミアンな京都住まい
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第0..
from ゆる本 blog
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第1..
from 空色きゃんでぃ
化物語 第四巻 / なで..
from お買得情報連絡便り
とある科学の超電磁砲 6話
from ホビーに萌える魂
とある科学の超電磁砲 第..
from のらりんクロッキー
とある科学の超電磁砲 #..
from アニメ-スキ日記
【とある科学の超電慈砲 ..
from AQUA COMPANY
とある科学の超電磁砲 第..
from 明善的な見方
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


神曲奏界ポリフォニカ アドヴェント・ブラック
b0184957_12593033.jpg神曲奏界ポリフォニカ アドヴェント・ブラック
GA文庫
著:大迫純一 イラスト:BUNBUN

「マチヤ・マティアさんの演奏は、神曲ではない」

 マトリ監査官によって告げられた衝撃の一言。動揺するマナガとマティアだったが、そこに時を同じくして奇妙な連続傷害事件が発生した。
 被害者の傷は、いずれも幅7センチ、深さ約10センチ。胸を刺されていたが重要な血管や臓器はきれいに避けられており、殺意は見えない。ではいったい誰が、何のために!?

 捜査を進めるうち、浮かび上がってきたのは新帝都航空二三一便墜落事故。事件との関係が隠された真実を暴き出し、全ての罪が明らかになるとき、銀色のブルースハープが鳴り響く!!

 黒のポリフォニカ、驚愕の第13弾!



読み終わりましたー。
いやー良かった……。
いくつか先の情報を与えられているからこそ邪推してしまいましたが、その必要はなかったかも。

内容は、ポリ黒最大の山場で、これまで明かされなかった「マナガの罪」の話。
そしてそこからわかる色々な秘密。
13巻もの間続いただけあって、その中にいくつもヒントはあったし、他のシリーズからの助けもあって推測できる範囲内ではあったけど、それでも一番しっくりくる形だったんじゃないでしょうか。
何よりシェリカ。
あとがきにもあるようにシェリカがいないということもあったはずで。
でもシェリカには大きな役割があって。
もし本当にシェリカがいなかったらどうなっていたんだろう、と思います。
そんな話は嫌だし、そもそもそんなことを話していても仕方が無いのですが、それでもシェリカがいてくれて本当に良かったと思います。

シェリカといえば、この話の最後で、おまけプロローグ的にレオンシリーズ(ポリ金ではない)4巻の前日談が書かれていて、そこでセヴンことセヴニエーラとの出会いを果たしました。
ここからレオン4に向かってシェリカは走り出し、ポリ金(レザレクターではない)で遂に主役デビュー(?)するわけですが、その直前がこのブラック最後(ではないけど)の話だったというのが凄い気がしました。
シェリカにとっての契機がここだったのだろうし、そしてもっと遡ればマティア・マナガとの出会いだったのだろうし。
つまり、ここでようやくシェリカ単独としての話が始まるわけなんですよね。
マティアやマナガと関わりの無い(多少あるけど)話。
レオン4、読み返さなきゃかな、と思いました。

ここで終着点へ到着したブラックシリーズですが、物語はまだ続くそうで。
曰く「もっともっと先まで歩いて行くよ!」だそうで。
確かにここで終わらせても良かったけど、やっぱり続いて欲しい、というのはあって。
物語の構成上ここで終わるのが一番いいんだろうけど、やっぱりもっともっと読みたい。
難しいですね^^;

評価はA。
少し残念だったのが、マティアの挿絵。
左目……。
あ、そういえば一応読み終わったのって昨日だったんですが、昨日wiki見たらもう更新されてましたw



既読リスト

web拍手を送る
[PR]
by run-3_kakeru | 2009-11-15 13:26 | ライトノベル
<< ラジオ 俺たちに翼はない~Prelude~ >>